資金を使い始めた任天堂

画像
今日付の日経金融新聞によると、任天堂は今期の研究開発費と広告宣伝費を期初計画から以下の通り積み増すという。
研究開発費:220億円(期初計画200億円)
広告宣伝費:580億円(同上550億円)

今期の当該費用は過去最高額となる。また、DSの増産体制の構築などのため、設備投資も76%増の40億円と増加する。
しかし、利益率の高いソフト販売比率が高まるため、売上高営業利益率は22.2%と1.3ポイント上昇する見通し。
年間配当も270円(最大130円増)とする計画。
今まで市場からは「潤沢な資金を有効に使い切れていない」との批判があったが、方向転換をはじめたようだ。

この記事へのコメント

  • お昼寝ねこ

    来年発売でしたっけ?「エボリューション」かなり力を入れてくるんじゃないですかね。
    2008年05月16日 07:18
  • ^^;

    ・・・・・・
    2008年05月16日 07:18

この記事へのトラックバック

任天堂 ds ライト
Excerpt: 任天堂 ds ライト
Weblog: 任天堂 ds ライト
Tracked: 2008-05-16 07:18