loderun氏の拙著への反論について

アタリショックと任天堂: 「アタリショックは任天堂の捏造」という捏造 - 広田哲也
アタリショックと任天堂: 「アタリショックは任天堂の捏造」という捏造 - 広田哲也

書籍『アタリショックと任天堂』批判――「アタリショック捏造論」という妄想
https://loderun.blog.ss-blog.jp/2021-04-10

まず、本書はネット上でみかける「アタリショックなかった論」全般に対するもので、hally氏の主張のみに対する反論ではありません。なので具体名は出さなかったのですが、全体的に推敲不足で申し訳ありませんでした。

それはそれとして、

hally氏の元々の主張を要約すると、次の通りになる。「任天堂がアタリ社との裁判において提出した数値的資料が、市場崩壊の全責任はアタリ社にありとする一面的な市場崩壊観の醸成に影響を及ぼしたのではないか」と。hally氏の主張は断定的ではなく、あくまで可能性を述べたに過ぎない。


はたしてそんなに穏当な主張でしょうか。

hally氏の主張は
(1)アタリ周辺だけに責任を押しつけるような「アタリショック」史観がいつ生まれたのかを解くカギは「アタリショック」という言葉そのものにあるが、誰が言い出したのかはわからない。
(2)そもそも「ファミコンが上陸するまで、北米市場全体が壊滅状態にあった」という歴史認識そのものが定着していなかった。
(3)「アタリショック」という言葉の誕生と同じ頃に、何者かがヴィデオゲーム市場の過去を、歴史観が覆るほど綿密に洗い直した。それがアタリ叩きを目的としたものだったのか、それとも結果的にそうなったのかはわからないが、この時期に、アタリと敵対し、その過去を糾弾しようとしていた企業が任天堂だった。
「アタリショック」と「ヴィデオゲーム・クラッシュ」
https://hally.hatenadiary.com/entry/20040514/p2

といったものです。

(1)についてはhally氏が参考文献として使用している「日経エレクトロニクス」1990年9月3日号にトイザらス役員の証言として「アタリショック」というワードが明記されているうえに、同役員が述べているアタリショック史観も「偏狭なアタリショック史観」そのまま。これは真っ先に紹介すべき事実ですが、私が本ブログで指摘するまでhally氏もloderun氏も全く触れませんでした。なぜでしょうかね?
loderunアタリショック呼称.JPG
https://loderun.blog.ss-blog.jp/2011-10-29

(2)(3)も極めて断定的に間違った事実を述べていますよ。

高橋健二氏の「スーパーファミコン任天堂の陰謀」に対する評に関しては私のミスですので以下のように訂正させていただきます。

日経エレクトロニクス90年9月3日号(no.508)に、トイザらス副社長の言葉として、おそらく初めて「アタリ・ショック」という言葉が登場してから、半年も経たないうちに、任天堂が「アタリショックを繰り返すな」と昔から言っており、米国市場崩壊から任天堂が得た「アタリの教訓」は任天堂の市場支配のための創作に過ぎないのでは、との記述があらわれる。
初版が91年1月30日付発行で、筆者が所有しているのが93年3月5日付初版第6刷と、ちょっとしたロング・セラーになっている。数多くのゲーム関連書籍や論文から引用・参考にされるデビット・シェフ「ゲーム・オーバー」にも参考資料として挙げられており、高橋のこの本が「アタリ・ショック」という言葉と、任天堂のライセンス制度が「アタリの教訓」という同社の創作によって成り立つものであるという言説を広く拡散していったものと思われる。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント